ぼくが使っているカメラストラップ(X-T2,X-Pro2,X100F)

   

今日もお疲れさまです。

さて、今回はカメラアクセサリーのはなし。

皆さんはカメラストラップって知っているだろうか。さすがに知ってるか。
カメラを首からかけるときに使うあれだ。

カメラストラップのきほん

主な用途はカメラの携帯。首からさげれば手を自由に使うことができる。
また、撮影時・撮影後のカメラの落下防止にも一役買っている。

俺はカメラには余計なものをつけない主義だ」みたいな原理主義者でないかぎりは、おそらく皆さん使っているだろう。

このカメラストラップ、基本的にはカメラに同梱されている。
なので、そのまま同梱しているストラップを使っている人も多い。

が、ダサい

富士フイルムXシリーズはそれでもレザーに型押しでロゴが入っているだけなのでぎりぎり許容範囲だが、

ニコンとかキヤノン、オリンパスなどは正直、そのまま使うとマジでヤバいレベル。

なんでモデル名とか入れちゃうかな…。

あんなデザインで満足するのは「俺、こんな高いカメラ使っちゃってまーす」的な自己顕示欲の塊みたいなジジイくらいなものだろう。
写真を撮る前にセンスを勉強したほうがいい。

ぼくも以前、頑張って同梱のストラップを試して見たことがあった。

すぐにやめた。

腕もないのに「D810」とかでかでか書いてて、まったくもって恥ずかしいわ。

おすすめのカメラストラップ

ぼくがおすすめするのは「ULYSSES(ユリシーズ)」というカメラアクセサリーブランド。

公式ホームページ

レザー製のカメラストラップ、カメラボディケース、カメラバッグなどを複数ラインアップしており、これがまた雰囲気があってカッコいい。

この雰囲気は、現代的な一眼レフのデザインよりも、レトロな富士フイルムXシリーズに似合っているだろう。

Canon EOS 5D Mark III (EF50mm F1.2L USM, 50mm, f/4.5, 1/40 sec, ISO4000)

X-T2に装着しているのは「クラシコ・グランデ(旧モデル)

Canon EOS 5D Mark III (EF50mm F1.2L USM, 50mm, f/4.5, 1/40 sec, ISO4000)

X-Pro2は「クラシコ(旧モデル)

Canon EOS 5D Mark III (EF50mm F1.2L USM, 50mm, f/4.5, 1/50 sec, ISO8000)

X100Fにはリストストラップの「スプートニク(旧型)

どうだろうか。雰囲気があって素晴らしいと思うのだが。

ちなみに、ぼくはストラップを装着するときは「ニコン巻き」と呼ばれる装着方法に統一している。
余った部分が内側に入ることで、びろーんと飛び出してこないのでおすすめである。

ニコン巻きについてはこちら

なお、ulyssesのレザーストラップは、雨天時や汗をかいたときに服に色移りする危険があるらしいので注意が必要だ。
ぼくはまだ経験がないが、せっかくカッコいいストラップをしているのに、服に色移りしてしまえば元も子もない。

また「スプートニク」は脱着に少し手間がかかる(一度しっかり装着すると外しにくい)。
このことが不満なユーザーも一定数いるようだ。

まあ、革製品特有の欠点は多少あるが、この革の質感やちょうどよく斬新なデザインは貴重だ。

こんな感じでいいところ・悪いところのあるストラップだが、とにかくホームページも含めて雰囲気がいいのと、継続的に製品を出し続けているところが好感が持てるいいブランドだと思う。
いつか、ボディスーツも買ってみたいと思う。

まとめ

今回はぼくが持っているカメラストラップということで「ulysses」を紹介したが、他にもカッコいいカメラストラップを作っているメーカーはいくつかある。
「acru」なんかもなかなか雰囲気のいいレザーストラップをラインナップしている。

acruのホームページ

いずれにせよ、ぼくが言いたいのは、

カメラ同梱のストラップはかなりのファッション上級者でもない限り「はげしくダサくなってしまう」ので、別に用意することをおすすめする、ということだ。

Canon EOS 5D Mark III (EF50mm F1.2L USM, 50mm, f/4.5, 1/50 sec, ISO2500)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

気に入っていただけたら、こちらをクリックしてください

この記事が気に入ったら、こちらをクリック!


FUJIFILMランキング

 - カメラのある生活, 機材レビュー , , ,