【初心者向け】XFレンズの製品名

      2017/11/28

こんにちは。

今日は、XFレンズの製品名について。

初心者がつまずくポイントのひとつに「レンズのカタログを見ても違いがよくわからない」ことがある。
カメラの交換レンズは種類も機能も多く、また同じようなレンズが何本も発売していることがあり、初心者は何を買ったらいいのか迷う。

…おすすめのレンズラインナップについてはいずれまた記事にするとして、今回は富士フイルムの交換レンズ「XFレンズ」の製品名について説明しよう。

例として、このレンズを見てみよう。

FUJIFILM X-Pro2 (XF35mmF2 R WR, 35mm, f/5.6, 1/20 sec, ISO3200)

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

分解すると

XF :シリーズ名。XFとXC(廉価版)の2種類がある。(正確にはGFレンズもあるが割愛する。) 

18-55mm:レンズの焦点距離。この場合は「18mmから55mmまでのズーム域があるレンズ」。だいたい3倍ズーム相当。

F2.8-4:開放絞り。「焦点距離18mmのときに開放絞りF2.8まで使える」が、ズームしていくにつれて開放絞り値が大きく(暗く)なっていき、「55mmの場合は開放絞りがF4になる」。

R:絞りリングがある、という意味。(XFレンズの特徴の一つ。レンズ側に絞りを操作する機構があるレンズは今となっては珍しい。)

LM:リニアモーター駆動。オートフォーカス時にピントを合わせるためのモーターの駆動方式。静粛性と応答性に優れている。

OIS:手ぶれ補正。富士フイルムの手ぶれ補正技術は5.0段(けっこうすごい)らしい。

他にもいくつか記号があるが、だいたいこれくらい覚えておけば十分だろう。

ちなみに例に挙げたこのレンズは、標準ズームレンズの中では小型軽量なうえ手ぶれ補正も入っていて、さらに描写の評価も高い。
最近のXシリーズのレンズキットは必ずこのレンズが入っているので持っている人も多いと思うが、XFレンズで番のお勧めレンズだ。

メーカーごとに表記がいちいち違う(これが分かりにくさに拍車をかけている)が、機能の種類はどのメーカーも似たようなもんだと覚えておけばいい。

今日はここまで。おつかれさまでした。

気に入っていただけたら、こちらをクリックしてください

この記事が気に入ったら、こちらをクリック!


FUJIFILMランキング

 - カメラのある生活