2017年に買ったカメラ用品ベスト10 ②




こんにちは。

今日は、前回に引き続き「2017年に買ったカメラ用品のランキング。

今日は5位〜1位の発表だ。

5位 XF23mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

今年3月に購入。大口径レンズ「XF23mmF1.4 R」を売却して購入。
前任者と比べるとAFがかなり速く、かなり軽くて小さい。

Xシリーズは「小型軽量で写りが良い」ことが最大の特徴・利点であり、フルサイズ機材とは差別化したい。
それを徹底するために購入した。(この時はまだニコンD810と大三元が手元にあった。)

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

ただ、その後にフルサイズの売却(買い直しはあったが)によるXマウントのメインカメラ化、同じ焦点距離の単焦点コンパクトカメラの購入により出番が激減。

来年どうなるかは不透明。(X-Pro2の動向にも左右されそう。)

4位 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 46.3mm, f/8, 1/8 sec, ISO320)

今年10月に購入。
望遠域の撮影強化のために、小三元の第3弾として購入した。
…ただ、紅葉の撮影後はあまり出番がない。

来年は写真作品をたくさん発表していこうと思っているので、活躍してもらう予定だ。

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 34.3mm, f/8, 1/8 sec, ISO320)

いちおうレンズの評価もすると、焦点距離の割には小型で使いやすい、いいレンズだ。
Xシリーズのカメラに装着するレンズとしては、これくらいが大きさの限界だと思う。

FUJIFILM X-Pro2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 31.5mm, f/4, 1/8 sec, ISO200)

3位 XF35mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

今年の3月に購入。
5位のXF23mmF2と一緒に、大口径レンズ「XF35mmF1.4 R」を売却して購入
小さくてカッコいいレンズで、X-Pro2にほぼ付けっぱなしだ。

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

開放絞りからとてもシャープな写りで非常に優秀。

F1.4 Rと比べるとAF速度は…速い、とは思うけど、じゃあ「爆速か」というとそうでもないという印象だ。
発売当時「かなり速い」「サイコー」みたいなレビューが結構あったからか、ちょっと期待はずれだった。

あと「AFが無音」という評価もあったがこれは大ウソで、最初「壊れてるんじゃないか」と思うほど盛大にガチャガチャ言ってた。
感覚的にはF1.4 Rと大差ない

 

X-Pro2とのマッチングは最高。
ほとんど「X-Pro2のためにデザインされたレンズ」ということだから当然なんだろうけど。

ただ、描写はF1.4 Rの方が味があっていい…かも。
特に開放絞りでの撮影

これまた今後のX-Pro2の動向により未来が決まりそう。

2位 X-T2

FUJIFILM X-Pro2 (XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS, 86mm, f/3.9, 1/8 sec, ISO200)

今年の5月に購入。

ぼくの中ではニコンD810の後継者の立ち位置で購入した。

今年もっとも撮影回数が多い
撮影にズームレンズを使う機会が増えたことと、ブログ用のブツ撮りに使用していることが原因だ。

ズームレンズにも単焦点レンズにも使えて、どんな場面でも難なく撮影をこなす優等生
来年もこのカメラの出動回数が多くなりそうだ。

FUJIFILM X-Pro2 (XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS, 128mm, f/4.4, 1/8 sec, ISO200)

一番のオススメポイントは握りやすいグリップ可動する背面液晶

1位 X100F

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

第1位は富士フイルムXシリーズの元祖「X100シリーズ」の4代目。

今年8月に購入。

買った当初は「GRとの住み分けはどうするんだ」「ブラックの方が良かったんじゃないか」「思ったより大きい」「握りにくい」など、いろいろツッコミどころ満載だった。
でも気がつくと購入以降はX-Pro2よりも撮影枚数が多かった

気軽に持ち出せるコンパクトなサイズと、撮影しやすい換算35mmの画角、あとカッコいい外観

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320)

そういう「ちょっといいところ」の総合点が高くて満足度が半端ない。

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/8, 1/8 sec, ISO320)

現時点で唯一の、手放すつもりが全くないカメラ
来年もお世話になります。

まとめ

FUJIFILM X-Pro2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 37.4mm, f/8, 1/8 sec, ISO200)

以上が今年購入したカメラ用品のランキングだ。

上位が見事に全部富士フイルム製品なのは、これはもう仕方がない。
別に不満がないっていうわけではないけど、現時点では完全にXユーザーだし。

機材的には、今年は富士フイルム一色の一年だった。

そしてお金を使いすぎた。

…来年は写真撮影の腕を上げることに専念したい。

 

今日はここまで。ありがとうございました。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください