【建物スナップ】地方都市に突如オシャレ空間…延岡駅「encross」がすごかった

外観
encross外観
天井
廊下天井。

延岡市

先日用事があって、宮崎県延岡市に行ってきた。

延岡市とは、宮崎県の北部にある地方都市。
人口12万人程度の街で「旭化成」の創業地で工場群がある。

…まあ、今回はこの街を紹介したい、というわけではない(いい街だと思うけど)。

延岡駅前複合施設「encross」

さて、今回何をお伝えしたいのかというと、そんな地方都市の駅「延岡駅」の建物についてである。

これが、信じられないくらいとてもおしゃれな建物だったのだ。

外観
encross外観
外観2
encross外観2

地方都市の駅を降りたらいきなりこれである。
ちなみに、この外観で、駅改札は人力(切符にスタンプ)である。

さて、そもそもencrossとはなにか
詳しくは公式ページを見ていただきたいが、ひとことで言うと

かっこいい駅ビルにスタバ蔦屋書店が入っている市の複合施設

だ。

蔦屋書店
蔦屋書店…すげぇ

こう言うと失礼かもしれないが、スタバはともかく、ふつう延岡市くらいの規模の地方都市に蔦屋書店は来ない
どうやって誘致したのか謎だ。

出張で延岡に行って、まさかこんなかっこいい建物と蔦屋書店に出会えるとは思ってなかったので興奮して写真を撮りまくってしまった。

…早めに来てよかった。
そして、持っててよかった、RICOH GR

GR
出張=GR。

以下、その写真である。
(確か、ほとんどが「ポジフィルム調」エフェクトで撮影。)

通路

通路
通路の天井は開放的なガラス張り。明かりがいい感じで漏れる。
ベンチ
ベンチの造形・材質もすばらしい。

待合ラウンジ

待合ラウンジ外観
待合ラウンジ外観。開放的な大きな窓。
案内板
案内板。デザインがいい。
2階
2階内部。天井高い。
テーブル
テーブル。本とコーヒーをお楽しみいただけます。

階段

階段
階段。いちいちかっこいい。
階段2
連絡通路への階段。白で統一され清潔感がある。

空間・連絡通路

空間
東京の写真だ、といっても誰も疑わないだろう。
連絡通路
連絡通路。窓が大きいので開放感がある。

余談だが、RICOH GRの35mm判換算28mmの画角は、空間に広がりを持たせて撮影するのに向いている。

実は建物スナップ撮影(造語)にぴったりのカメラかもしれない。

まとめ

とまあ、素晴らしい空間が広がっていたのでぜひ紹介したかったのだ。

なお、今回は仕事で行ったのでここ以外には立ち寄れなかった。

ちなみに宮崎県といえば有名なのは「チキン南蛮」。
中でも延岡市にある「直ちゃん」はかなりの有名店で、密かに楽しみにしていたのだが…。

火曜日は、定休日である。

ちなみに宿泊した宮崎市にあるチキン南蛮のお店も数店が火曜定休日だった。

宮崎旅行を計画されている皆さん、火曜日は避けたほうがいい

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください