【過去ログ写真館】D810と摩周湖




こんにちは。

今日は、過去に撮影した写真について解説しつつ、撮影スポットの紹介をしたい。

今回は3年半くらい前に行った、北海道の摩周湖のはなし。

※以下は3年以上前の写真なのでご注意を。

摩周湖とは

北海道東部の上川郡弟子屈町にある湖。
世界第2位の透明度を誇る。

「霧の摩周湖」

この湖は全体に霧がかかっていることが多く、「霧の摩周湖」の異名を持つ。
ぼくが訪れた初日もやっぱり霧がかかっていた。

「霧の摩周湖」っていうか、霧だった。

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/5, 1/125 sec, ISO100)

 

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/8, 1/50 sec, ISO100)

晴れた摩周湖

初日は早々に諦めて別の場所を観光することにした。
そして、その翌日にリベンジ。
霧は晴れていて、摩周湖が一望できた。

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/11, 1/160 sec, ISO100)

佇む摩周湖。

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/6.3, 1/30 sec, ISO100)

 

感動のあまりここから日が暮れるまでずっとシャッターを切っていた。

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/11, 1/20 sec, ISO100)

 

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/11, 1/8 sec, ISO100)

ひとりで無駄にテンションが高かったのを覚えている。

撮影機材について 〜ニコンD810〜

この旅行中の撮影は、「RICOH GR」と、この道東旅行(2014/8/14)の直前に買った「ニコンD810」で行った。

ちなみに、D810はすでに手放してしまっている。
今は後継機のD850が発売されているけど、今でも「高画素なのに取り回しがしやすい」、素晴らしいカメラだと思う。

(じゃあなんで手放したのか、という話はこちら)

D810のよかったところ

  • 万画素フルサイズセンサー
  • ローパスフィルターレス
  • ミラーショックの少ないシャッター
  • 防塵防滴・対低温・堅牢なマグネシウムボディ
  • 視野率約100%のファインダー

正直、ほとんど死角がないいいカメラだった。

D810の悪かったところ

  • デザインはあんまり好きじゃなかった。
  • 重い。
  • 日本製ではなくタイ製。
  • リコールがあった。

こんなところか。無理やりだけど。

装備

当時はまだ所有レンズが少なく、「AF-S NIKKOR 28mm F1.8G」「AF-S NIKKOR 50mm F1.8G」の2本が主力だった。(のちに大三元に手を出して暴走する。)

この時はほとんど28mmで撮影していた。(RICOH GRも換算28mmなので、全部同じ画角だった。)

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/11, 1/5 sec, ISO100)

 

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/5.6, 1/8 sec, ISO100)

…レンズはこれくらい限定した方が割り切れて、いい結果を得られるかもしれない。

撮影スポットについて

一般的な撮影スポットは展望台(第1・第3・裏摩周)。
第2展望台はどこに消えてしまったのだろうか。

ところで摩周湖撮影は車がないとキツい。っていうか無理ゲーである
旅行で行く場合はレンタカーを借りて行くことを強くお勧めする。

ちなみにぼくは裏摩周展望台行かなかった。
第1・第3展望台から1時間くらい車で走らないと到着できなくて非効率だったからだ。

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G, 28mm, f/8, 1/400 sec, ISO100)
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

ただ、どちらの展望台も摩周湖までの距離が遠く、第1展望台に至っては前方の木がけっこうジャマな場所に生えていて、正直撮影のジャマだった。
これは改善の余地があると思う。

貴重な観光資源なので、もっとしっかり管理して活用してほしい。

まとめ

そんな感じの摩周湖撮影だった。
それにしても撮影した写真を今見ると、摩周湖の青さとか、広さを表現できていない写真ばかりだ。
もし今行くなら超広角レンズを持っていくだろうし、三脚を使った撮影(長秒露光、星空を入れる)も試すだろうなぁ…

ぼくは普段あまり撮影スポットをリピートしないのだが、摩周湖にはぜひまた行きたい。
リベンジしたい、と思える数少ないスポットのひとつだ。

今日はここまで。ありがとうございました。

保存保存

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください