【黒歴史】お前は今まで売ったレンズの本数をおぼえているのか?

カタログ

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 35.8mm, f/3.6, 1/30 sec, ISO1600)
物欲の入り口。

今まで買って、そして売った交換レンズを振り返る。

…というわけで、本格的にレンズ交換式カメラを使い始めてから7周年を来月に控え、この辺で今までの所業を軽くふり返ってみようと思う。

この7年間で所有していたレンズをメーカー別にまとめてみた。

…本当に、ただ歴代レンズをまとめただけの記事である。

※ 色がついているレンズは、現時点で所有しているレンズ。つまり、それ以外のレンズは全て売却済み。

NIKON

NIKON

NIKON D810 (AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 50mm, f/4, 1/50 sec, ISO3200)
ナノクリスタルコート、揃い踏み。

NIKONのニッコールレンズは2012年10月から2017年4月まで約4年半、メインで使用していた。
写り、機能ともに全く不満はなかったが、大三元を揃えた反動で我に返り、金銭感覚がマヒしていたことに戦慄。
戒めの意味も込めてマウントごと売却。

ちなみに下2つのマニュアルレンズは、基本的にはフィルムカメラ「NIKON F3」用だった。

…直後に5D Mark Ⅲを購入するあたり、反省はあまりしていない様子だ。

最も使用頻度が高かったのはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
一番好きだったのはAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 28mm f/.8G
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
AAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
Ai Nikkor 50mm f/1.2S
Ai Nikkor 50mm f/1.4S

【失敗談】ぼくがニコンを手放した3つの理由③

2017.08.02

Canon

Canon

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 24.3mm, f/9, 1/1 sec, ISO400)
現在のラインナップ。

去年、ご乱心して購入したEOS 5D Mark Ⅲのために購入した3本のレンズ。
現時点では現役だが、あくまでもFUJIFILMがメインで、Canonは遊び

なので今のところ、これ以上増やす予定はない。

EF70-200mm F4L IS II USMになんか興味はない。

…ほんとだよ?

EF24-70mm F4L IS USM
EF50mm F1.2L USM
EF40mm F2.8 STM

EF70-200mm F4L IS II USMの製品情報

TAMRON

TAMRON

NIKON D600 (TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD, 170mm, f/5, 1/200 sec, ISO560)
1本2万円代。健全。

タムロンのレンズは、D600購入後に初めてズームレンズを購入した時にお世話になった。
圧倒的なコストパフォーマンスに購入当初は大満足だったのだが、その後に金銭感覚のマヒが悪化し、ニコン純正レンズの下取りのため、順次手放していくこととなった。

SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II)
SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model 017)
SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)

OLYMPUS

OLYMPUS

OLYMPUS IMAGING CORP. E-P3 (M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R, 42mm, f/5.6, 1/8 sec, ISO200)
シルバーレンズで、統一感があった。

2011年7月、初めてのレンズ交換式カメラとして購入した、PEN E-P3のために購入したレンズ。
レンズセットに含まれていた上記2本と、のちに購入したプレミアム単焦点レンズ2本。

中でもM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の写りは、その後の写真(趣味)人生を左右するほど素晴らしかった。

D600の登場により、2012年9月にマウントごと手放した

M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

FUJIFILM

FUJIFILM

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/4 sec, ISO200)
やはり圧倒的にかっこいい。

現在のメインカメラ。
現時点で5本のレンズを持っているが、既にかなり迷走している。

最も使用頻度の高いXF35mmF1.4 RXF18-55mmF2.8-4 R LM OISの2本は1度売却した後、買い戻している。
また、焦点距離23mmの単焦点レンズは2本ともに売却
F2シリーズの単焦点レンズを集めると思いきや全て手放して、一番古いXF60mmF2.4 R Macroを購入。

これからもいろいろとフラフラしそうで怖い

撮影枚数が最も多いのはXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
一番好きなのはXF35mmF1.4 R

XF10-24mmF4 R OIS
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
XF23mmF1.4 R
XF23mmF2 R WR
XF35mmF1.4 R
XF35mmF2 R WR
XF60mmF2.4 R Macro

PENTAX

PENTAX

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS 18.3mm F2.8, 13.7mm, f/5.6, 1/60 sec, ISO100)
ものすごく小さいカメラ。

実は一瞬持っていた、PENTAX Q

結構好きだったんだけど、「僕たちにもうモノは必要ない。」を読んだことにより売却

あったらあったで楽しかったかもしれない。
レンズは標準単焦点の「01 STANDARD PRIME」のみ。

01 STANDARD PRIME

未体験のレンズメーカー

なお、今の所買ったことがないレンズメーカーもけっこうある。

SONY
ツァイス
SIGMA
ライカ
フォクトレンダー
パナソニック
サムヤン

…そうか、そういえばSIGMAは買ったことなかったなぁ。
買ったこともないのに色々悪口を言って悪いことしたなぁ。

しょうがない、アマゾンのリンクを貼っておくか…

まとめ

XF35mmF1.4 R

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 46.3mm, f/8, 1.3 sec, ISO400)
レンズって素晴らしい。

こうしてまとめてみると、やっぱりカメラ趣味は怖いなぁ、と感じる。

これらのレンズ、載せてないけど購入代金を全部合わせたらかなりやばい
(一度Excelで計算してみたことがあるが、吐き気がする金額になった

結構な割合で新品で買ってるのも良くない。
最近やっと中古の方が多くなってきたくらいだ。

こういう一回慣れてしまうとなかなか抜け出すのは難しい。

レンズ1本5万円。
カメラが趣味なら「まあ、安いほうかな」程度の感覚かもしれないが、普通の人からしたらすでに理解のレベルを軽く超えた金額だ。

ぼくの場合、周りに止める人がいないので尚更歯止めが効かない。
だから、こうして自分でときどき振り返るのはとても大事だ。

これを戒めに、これからは節約を心がけていきたい。

XF16-55mmF2.8 R LM WR製品情報

いやまじで

2 件のコメント

    • JMさん、コメントありがとうございます!

      いやー、べつにそんなに裕福というわけではないので、基本的に万年金欠です…
      財力を度外視するとこういう残念な人間になります。
      むしろ同じカメラ・レンズを使い続けて、素晴らしい写真を撮る人を羨ましく思っています。
      結局は無い物ねだりですけど…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください