【撮影散歩】新宿モノクローム

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
人と階段
ブツ撮りしている女性。

先日、新宿に撮影に行ってきた。

モノクロで現代的な建物を撮影する、というコンセプトで、カタチや光、質感を意識して撮影してみた。

前回の記事で考えていた「自分の写真のテーマ」…と言うにはまだまだ遠いけど、まずは小手調べということで。

【カメラと暮らす】「ただの写真」と「写真作品」と写真コンテスト

以下、写真を貼ってみる。すべてフィルムシミュレーション「ACROS」を使用した。

写真

エスカレーター
エスカレーターの金属の質感はかっこいい。
屋上
ルミネ・ゼロ付近の屋上。
ビルと反射
ビルと太陽。綺麗な光芒を出すのは難しい。
人と庭園
人物のシルエットの姿勢がイマイチ。もう少し引きつけてから…
バスタ新宿
遠くの通路から見たバスタ新宿。
コクーンタワー内
コクーンタワー内。やっぱりおもしろい建物。
コクーンタワー外
コクーンタワー外。

 

機材

  • X-T2
  • XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
  • C-Loop + Ulysses Classico Grande
  • フィルムシミュレーション:ACROS

感想

「行きたいところに行って、ついでに写真を撮っているだけ」ということにならないよう、モノクロ撮影にフォーカスして撮影を楽しんできた。
特に「カタチ」「明暗」「質感」を重視してみた。

まず機材について、X-T2とXF18-55mmF2.8-4 R LM OISの組み合わせは最高だ。
特にXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、このレンズ1本あれば大抵のことには対応できる。
手ぶれ補正「OIS」が付いているのも心強いし、何より軽くて小さい。
それにX-T2は要求するすべてのことを難なくこなしてくれる。
やはりX-T2はXシリーズのカメラで一番のオールマイティだと思う。

撮影テーマに関してはまだまだ
幾何学的な模様や構造物と人物や植物などの有機物との対比とか、まだまだ見せ方はありそう。
それにもっと被写体に寄ったほうがいい
質感が表現できていない。

なにより、「作品」と呼ぶにはまだまだ程遠い

これからも頑張っていこう。

created by Rinker
富士フイルム
¥187,289 (2020/08/13 15:08:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥57,842 (2020/08/13 16:19:43時点 Amazon調べ-詳細)

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください