ホール

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/80 sec, ISO400)
エスカレーターと、窓。

先日、「建築物を中心に撮影していこう!」という方針を決めた。

【撮影テーマ】建築とデザインとモノクロ写真

2018.07.11

ぼくは今、東京都に住んでいる
日本で一番建築物が多いであろう東京都
撮影する建築物に困ることはない。

そう、ここは建築物天国である。

…ということで、手始めに東京都六本木にある国立新美術館にやってきた

国立新美術館とは

外観

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 70mm, f/4, 1/5000 sec, ISO400)
国立新美術館、外観。

実はこの美術館についてはよく知らなかった。
この美術館に注目したきっかけは、富士フイルムユーザーの美容師雨宮さんのブログ「amedia online」。
下記リンクの記事でかっこいい写真が掲載されているのを見て、ぜひ行きたい!となったのだ。

【撮影スポット 東京】新国立美術館は最高にお洒落な写真が撮れる。カメラが趣味の人にとっては一度は行きたいスポット | amedia online

…それにしても、また六本木である。どんだけ好きなんだ。

【撮影散歩】東京ミッドタウン

2018.07.08

さて、気を取り直して。
国立新美術館とはどういう美術館か。
公式サイトから引用すると以下のとおり。

国立新美術館は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。


美術館のご紹介|ご利用案内|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
より引用

 

展示も魅力的なものが多い…と思うが、基本的に撮影はNGなので今回は特に入らなかった。

それよりも注目したいのはその建築物としての魅力だ。
僕も今回はそれを撮影しに行ったのだ。

見どころ

内装・外観共に魅力的な建物だけど、どちらかというと内装が素晴らしいので、まずは内部の写真から。

内部

入口

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/60 sec, ISO400)
三角錐。

人

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 70mm, f/11, 1/50 sec, ISO400)
窓と、人と。

カフェ

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/30 sec, ISO400)
柱の上にはカフェテリアが。

ガラス

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/125 sec, ISO400)
見上げてみた。ガラスの壁の曲線が美しい。

印象的な三角形の正面入り口。そこから開放的な空間が広がる。
窓面の曲線が美しい。
どこから撮ってもかっこいい。

つぎは2階から撮影。

撮影

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/4, 1/320 sec, ISO400)
見下ろしてみた。なんか撮影が行われていた。

カフェ2

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/15 sec, ISO400)
1階のカフェスペース。

柱

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 44mm, f/4, 1/125 sec, ISO400)
巨大な柱、と人と。

ガラス壁

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 70mm, f/11, 1/125 sec, ISO400)
均一に柱と足場が組み合わさった壁。

3枚目の柱と人の写真がお気に入り。
もう少し人を中央寄りに入れたかった…。

それにしても、光の入り方がいい。

3階に到着。

チェア

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 44mm, f/4, 1/60 sec, ISO400)
セブンチェア?

椅子2

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 44mm, f/4, 1/20 sec, ISO400)
なんの椅子かはわからないが、かっこいい。

庭

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/13, 1/250 sec, ISO400)
窓の外には、開放的な庭が

レストランと、庭(多分出られない)がある。どこまでも開放的な空間だ。

外観

次は建物外観。曲線と影の付きかたが美しい。

壁1

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 35mm, f/11, 1/400 sec, ISO400)
外壁

外壁

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 24mm, f/11, 1/320 sec, ISO400)
グラデーションが美しい。

正面

Canon EOS 5D Mark III (EF24-70mm F4L IS USM, 70mm, f/11, 1/320 sec, ISO400)
真正面感をだすのは難しい…

今日の機材

Canon EOS 5D Mark Ⅲ

カメラ

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS 18.3mm F2.8, 18.3mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)
EOS 5D Mark Ⅲ。

今回は久しぶりにCanon EOS 5D Mark Ⅲを使用した。

使用レンズはEF24-70mm F4L IS USM

これに交換レンズ1本(使わなかったが)とRICOH GR大きめのボストンバッグに入れて出かけた。

実際はけっこう重かったはずだが、思ったほど気にならなかった。
撮影に集中していたからか、暑くてそれどころではなかったからか。

…それにしても、相変わらず撮りごたえのあるカメラである。

いろいろ「ボリュームが大きい」っていうかなんというか。

ボディサイズも大きいし、画像のサイズも大きい。
でも、情報量の多いガラス枠やら、陰影のグラデーションやらをしっかり描写する情報量の多さは、さすがのフルサイズセンサー、といったところだろうか。

 

…ちなみにボリューム、ということで言えば、今回特に気になったことがある。

シャッター音だ。

建築物撮影とシャッター音

このカメラのシャッター音、デカすぎないか…?

この日は土曜日。
休日ということもあって、美術館にはまあまあ人が入っていた。

ので、それなりに周囲で話し声等の騒音があった、にもかかわらずこのカメラのシャッター音はかなり目立っていた

人の後ろで撮影していると、まず間違いなく振り向かれる。

…これは良くない。

ぼくは街で写真を撮るのが好きだが、その際、撮影によって周囲に影響を与えたくない、不快な気持ちにしたくないと常に思っている。

実際は、「カメラで写真を撮る」という行為は少なからず目を引くし、意識もされるので、その影響を全くゼロにすることはできない

でもぼくは、可能な限り意識されることなくシャッターを切りたいのだ。

これはストリートスナップに限らず、全ての撮影における目標である。…だからX100FとかRICOH GRのような目立たない、音がほとんどしないカメラが好きだ

EOS 5D Mark Ⅲのシャッター音はというと、結構大きめに「カンッ」という音が響く
ポートレート撮影や自然風景、プロのスタジオ撮影とかなら気にならないと思うし、この「シャッターを切っている感じ」がいい!という方の意見を否定するつもりもないが、ぼくの用途(スナップ撮影)には合っていない、と感じた。

…感じてしまった。

まとめ

さて、この日はもう1カ所、美術館へ行ってきた。

その時の話はまた別の記事で。

シャッター音の小さいカメラ…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください