【撮影散歩】東京、X100Fと新春初歩き② 〜 銀座ソニーと地下街 〜

こんばんは。
すでに正月も開けてしまった今日この頃、いかがお過ごしだろうか。

僕の正月もとうとう終わってしまった。
…絶望しかない。

さて今回は、前回記事「アメ横編」の続きから。

銀座へ

特に用事もなかったんだけど、「なんか近くに来たから」という安直な理由で銀座にやってきた。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/11, 1/20 sec, ISO6400)

この街はなんだかいつも敷居が高くて仕方がない。

でも、なんかもうカッコよくて仕方がない。
なので基本的に銀座は大好きな街なのだ。

ニコンを使っていたころ「ニコン銀座サービスセンター(センサーのゴミとか取ってくれるところ)」に行くためだけに北海道から来たことあったな〜…懐かしい。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/30 sec, ISO2000)

そんなこんなで、今回は「ソニーショールーム/ソニーストア銀座」に行ってきた。
…前にも行った気がするが。

外観は何回も撮影しているので、さっそくビル内へ。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/20 sec, ISO6400)

ここはいつ来ても、外観も内装もカッコいい。

特に「撮影禁止」とは書いてなかったから内部も撮影したけどいいんだろうか…。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/40 sec, ISO400)

1階・2階は日産のショールーム。(写真は日産新「LEAF」。)

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/30 sec, ISO800)

この建物はなぜかいつも外国人が多い。
観光名所なんだろうか。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/60 sec, ISO400)

で、4階がソニー「αプラザ」。

富士フイルムのX100Fを首から下げながら、ソニーのα7RⅢを試し撮りするという、意味不明な人間になってきた。

ちなみにぼくはこのショールームが好きで何回か足を運んでいるが、ソニーのカメラを買ったことはまだ一度もないのだった。

…フラグじゃないよ。

なお、正月だからか日産にもソニーにも、巨大な生け花(みたいなの)が飾ってあった。

なんか有名な流派の作品っぽい。
よく知らないけど。

とある地下街

で、いつもどおり何にも買わずに銀座を離れようとして地下鉄へ向かう途中、なんか楽しい感じの地下街があったので写真を撮っておいた。
補足すると、ここは東急プラザ前の地下空間。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/8, 1/4 sec, ISO2500)

なお、このときX100Fを「ACROS」モード(モノクロ)にして撮影した。
こういう「幾何学模様」のような「形」を強調したい場合は、モノクロがいい!と思ったからだ。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/8, 1/4 sec, ISO3200)

ここはシャッタースピードダイヤルを操作して、シャッタースピードを遅め(1/10〜1/4秒)にして撮影。
このシャッタースピードでブレずに撮るのはかなり大変。
でも人に動きをつけたかったのでここは頑張った。(ちょっとぶれているカットもあるが)

X100Fはこういう時、カメラ上部のシャッタースピードダイヤルですぐに操作ができる。
やっぱりスナップ撮影にはうってつけのカメラだ。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/8, 1/10 sec, ISO6400)

 

ただの地下街が絵になるのはさすが。
これだから銀座はやめられない。

何も買えんけど。

 

で、この日は最後にもう一ヶ所寄ってから帰った。

つづく…?

 

今日はここまで。
ありがとうございました。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.