FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/6.4, 1/420 sec, ISO200)
木漏れ日。

以前、お台場でのチェアリングに参加した、という記事を書いた。

【番外編】チェアリング日和

2018.04.23

今回はその第2弾。

新兵器を投入した。

新兵器のこと

前回のチェアリング記事でも書いたが、背もたれのないスツールタイプの椅子を使うのは結構きつい。

チェアリングの醍醐味である「リラクゼーション」を感じるには、やはりゆったり座れる椅子が必要だと思う。

なお、敷物を敷いて直に座るのも悪くないけど、それはチェアリングっていうかピクニックだという噂もある。

そんなこんなで「よし、背もたれ付きの椅子を買おう!」となったわけだ。

今後、ソロキャンプに目覚める可能性が高いし、使い道は色々ありそうだ。

そういえば、前にお台場のアウトドアショップに行った時に欲しかった椅子があった。

なんだっけ。

そうそうヘリノックスだ。

よし、ヘリノックス を買おう!

ヘリノックス とは

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/2900 sec, ISO200)
Helinox!

“Helinox( ヘリノックス )は高強度、軽さ、驚異的な携帯性を兼ね備えた革新的なチェア等の製品をデザインしているブランドです。どこへでも持ち運びができる軽量さと1日中使用できる快適さを合わせ持ち、その優れたデザイン性でアウトドアファニチャーの進化をリードし続けています” 公式ページより

というわけで、機能的なアウトドア用椅子で有名なメーカーである。

特に有名なのは、代表的モデルの「チェアワン」シリーズだ。

ヘリノックス のラインナップ

上記のチェアワン以外にも

さらに軽く、座面高が低い「グラウンドチェア

軽量化を極めた「チェアゼロ

背もたれが高い「チェアツー

など、多数のモデルがラインナップされている。

ぼくがそのラインナップの中から購入候補にしたのは

  • チェアワン
  • グラウンドチェア

の2モデル。

モデル選定

迷ったのは座面高と重量だったのだが、

  • どこでもチェアリングができるように、座面高は低すぎないほうがいい
  • グランドチェア(640g)の軽さは魅力だが、チェアワン(840g)も十分軽い

などの理由から今回はチェアワンを選択した。

FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 31.5mm, f/11, 1/30 sec, ISO400)
収納状態。

ソロキャンプ用途ならまた選択は変わっていたと思う。(最近流行りの低く座る「ロースタイル」はテーブルやテントなど、他のアイテムも小さくできる利点がある。)

チェアリング

代々木公園へ

前置きはこのくらいにして、チェアリングへ出かけよう

今回出かけたのは、渋谷区にある「代々木公園」。

チェア組立て

原宿駅で待ち合わせ。

コンビニで物資を調達したら、さっそく公園へ。

徒歩5分程度で代々木公園内の「中央広場」に到着
さっそくチェアワンを組み立ててみよう。

  1. バッグを開ける
  2. フレーム・座面シートを取り出す

    FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO200)
    フレーム

  3. フレームを組み立てる

    FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO200)
    フレーム内にコードが仕込まれているので簡単。

  4. 座面シート四隅をフレームに固定する(収納用バッグを前フレームに通す)

    FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO200)
    前の座面を組み立てる前に通す。

  5. 完成

    FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/220 sec, ISO200)
    簡単。

所要時間約2分。
早い。

あとは持ってきたミニテーブルをセット。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO200)
なんでも置ける。

チェアリングスペース完成である。

チェアリング開始!

この日はなかなかのいい天気。

でもたまに曇ったり風が吹くと肌寒い、という天気だった。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/450 sec, ISO200)
いい天気

なお、この日はSUSONOのメンバー3人で開始。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/1250 sec, ISO200)
こんな感じだった

少しずつ人が増えていき、最終的には最大8人くらいになっていた

チェアリングは基本的にあまり話さなくなる…という記事も見たんだけど、今回は最後までみんなでワイワイやっていた。

…っていうかほぼ酒盛りだった。

どんな話をしてたかあんまり覚えてないけど、「とても楽しかった」という記憶だけ残っているのでオーケーだ。

そんな中でもちょっと席を外して写真を撮りに行ったりと、かなり自由にやらせてもらえた。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/350 sec, ISO200)
おしゃれな人発見

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/3500 sec, ISO200)
花。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/1700 sec, ISO200)
森。

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/2400 sec, ISO200)
ベンチ。

一人で来ているとなかなかこうはいかない。(椅子や荷物を放置して行けないので)
…それにしても荷物が多い時でも簡単に持ち出せるX100Fはやはり最高だ。

収納

さて、そろそろいい時間なので撤収である。

  1. 座面シートをフレームから外す
  2. 座面シートをたたむ
  3. フレームを引っ張って折りたたむ
  4. シート・フレームをバッグに入れる
  5. バッグを閉じる

…1〜2分で片付け完了。

やっぱり早い。

まとめ

代々木公園は初めて行ったけどいいところだった。
人がめちゃくちゃ多いけど、公園自体が広いので圧迫される感じがしない。

それにしても、いつにも増してダラダラしてしまった。
顔も日焼けして赤い。

次は川べりとかでやりたい。(前も言ってた気もするが)

あと、今回は画像編集に「VSCO FILM」を導入。
プリセットの「Fuji Superia 800+」を使用した。(一部調整あり。)

手軽にフィルム調の加工ができるのはありがたい。
記事内の写真に統一感が出るように心がけてみたが、どうだろうか。
(VSCO FILMについてはまた今度、記事を書いてみよう。)

FUJIFILM X100F (FUJINON 23mmF2, 23mm, f/2, 1/12000 sec, ISO200)
かっこいい。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください