【機材レビュー】Canon EF40mm F2.8 STM + BG-E11

EF24-70mm F4L IS USM

このたび、どういうわけかカメラ機材が増えたので、ちょっとレビューしてみようと思う。

パンケーキレンズ〜
バッテリーグリップ〜

今回購入したのは、キヤノンEFマウント用レンズEF40mm F2.8 STMと、EOS 5D Mark Ⅲ用のバッテリーグリップBG-E11だ。(中古)
そう、どちらもキヤノン機材だ。

なぜ今、キヤノンのレンズと周辺機器なのか

ここ数ヶ月、多すぎるカメラ機材(特にカメラ本体)を減らし、撮影に集中するため、「カメラ断捨離」を目標に掲げてきた。
そして約4ヶ月の試行錯誤の末、一つの結論にたどり着いたのだ。

現時点ではCanon 5D Mark Ⅲを手放せない…

以下にその理由(言い訳)を。
1. カメラ・レンズのデザインが好き
2. フルサイズセンサーによる劇的なボケには価値がある
3. スピードライト、マクロレンズ等富士フイルムXシリーズよりも豊富な選択肢がある
4. 型落ちモデルを買ったためリセールバリューが低い

特に4.は決定的に作用した。
去年の夏に買ったばかりの機材が1/3以下の下取り額
これは納得いかない。
型落ちモデルを買ったのが悪いと言われれば、まあ、それまでだけども。

そんなこんなで、今後はEOS 5D Mark Ⅲも積極的に使っていこう!となったわけである。

EF40mm F2.8 STM

EF40mm F2.8 STMはキヤノン製の交換レンズ。

created by Rinker
キヤノン
¥10,800 (2020/07/13 07:49:56時点 Amazon調べ-詳細)

売りは何と言ってもその薄さ。

ほとんどレンズキャップ

このレンズは、いわゆる「パンケーキレンズ」と呼ばれるものだ。(形がパンケーキ似ていることから、薄くて小型のレンズのことをこう呼ぶ。)

焦点距離は35mm判換算で40mm
標準50mmよりも少しだけ広い画角。
昔持っていたOLYMPUSのパンケーキレンズ(M.ZUIKO M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8)が同じ焦点距離だったのを思い出す…。

このレンズに期待しているのは第1に携帯性の向上だ。

まずはEOS 5D Mark Ⅲを持ち出すハードルを下げる
重さもだいぶ軽くなるし、それ以上に体積が減ってカバンに入れやすくなる。

この差。

画質については今後持ち出したときにでもレビューしよう。(いまさら需要があるかは不明だが…)

BG-E11

うしろから。

さて、この商品はEOS 5D Mark Ⅲ用のバッテリーグリップである。(EOS 5Ds、EOS 5Ds Rにも使用できる。)

created by Rinker
キヤノン
¥18,612 (2020/07/13 09:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

さて、ただでさえ大きいEOS 5D Mark Ⅲに、このバッテリーグリップを買った理由とは?
…それはもう、海よりも深い理由がある。

それは、

かっこいいから。

やっぱり

かっこいいでしょ?

ほら、

うん、かっこいい。

アンバランス感がたまらない

EF40mm F2.8 STMとの組み合わせが、なんか最高に意味不明でかっこいい

今後の課題

それにしても、これでキヤノンのレンズも3本

やったぜ

周辺機器も

  • スピードライト430EX-3-RT
  • トランスミッターST-E3-RT
  • バッテリーグリップBG-E11

と、かなり充実してきた。

created by Rinker
キヤノン
¥27,127 (2020/07/13 09:01:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥24,842 (2020/07/13 09:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、課題もある。

メインはあくまでも富士フイルムXシリーズ(のはず…)。
これ以上はお金をかけられない。

そもそも、もう防湿庫にスペースがない。
「防湿庫に空きスペースを作っていると、いつの間にかレンズやカメラが生えてくる」
という都市伝説は本当だったのか…

それと、重量の問題だ。

EF40mm F2.8 STMの登場で、EOS 5D Mark Ⅲを持ち出しやすくなった…と言ってもそこはフルサイズ一眼レフ、本体だけでも重いことに変わりはない。

つまり、持ち出すハードルは依然として高いままなのだ。
なんとか持ち出せても、撮影場所に着く前に体力を使い切ってしまっては意味がない。

どうするか。

…よし、体を鍛えよう
Testosteroneさんも言ってるじゃないか。
筋トレは最強のソリューション」だと。

最近少し太ってきたし、いい機会だから生活習慣を見直してみるか。

ちょうどSUSONOの5月のテーマが「整える
心と体のケアと、健康的な生活習慣を手に入れよう!

一眼レフを持ち歩くために!

やっぱり重い…。

(バッテリーグリップの撮影から導入した、簡易フォトスタジオについてはまた今度レビューしよう。)

謎の簡易フォトスタジオ。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

記事が気に入ったらシェア!

4 件のコメント

  • そうなんです、実は私も「軽いフルサイズ」という理由で6Dを愛用していながら、バッテリーグリップを装着するという矛盾を犯しております。
    そして、その理由も管理人様と同様に「かっこいいから」 
    取り立てて言い訳すれば、ヘボカメラマンなりに縦位置構図が結構好きなので、縦位置でホールドし易いという理由もありますが、ほんと、言い訳ですね 笑

    断捨離を基本コンセプトとし、世俗的な見栄を排除しておられる高潔な管理人様に、バッテリーグリップはかっこいい、と言って頂くと純粋に安心するというか、気持ちのつかえが解消する思いです。

    今後もブログ期待しております。

    • Hiro07691さん、いつもコメントありがとうございます!
      バッテリーグリップ、お持ちなんですね〜あれはかっこいいですよね!
      世俗的な見栄を排除って、そんな聖人みたいな人間じゃないですよー物欲にまみれたダメ人間です…
      デジイチはデジイチなりのいいところがあると思うので、ミラーレスだけにこだわらずに活用していこうと思っています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください