【機材レビュー】FUJIFILM X100F vs RICOH GR ③

こんばんは。
 
今回でX100FとGRの比較記事はラストだ。
 
前2回の記事はこちら
第1弾↓
 
比較記事として最後に、両方のカメラで(だいたい)同じシチュエーションで撮影した写真比較をしてみよう。
なお、解像度がどうとか、収差がどうとかいう解説はしない(できない)。
 
っていうかあんまり興味ない。
そういうデータってあんまり撮影に関係ない気がするし。(あと、めんどうくさいし)
 

撮影画像比較

  • 屋外、日中スナップ

    歩道橋
    FUJIFILM X100F (23mmF2, 23mm, f/5.6, 1/8 sec, ISO200)
    歩道橋からの景色 X100F
    歩道橋2
    RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/5.6, 1/60 sec, ISO200)
    歩道橋からの景色 GR
    渋谷区
    FUJIFILM X100F (23mmF2, 23mm, f/11, 1/60 sec, ISO800)
    渋谷区の日常 X100F
    渋谷2
    RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/11, 1/60 sec, ISO200)
    渋谷区の日常 GR
    紅葉
    FUJIFILM X100F (23mmF2, 23mm, f/8, 1/20 sec, ISO3200)
    渋谷区の公園の紅葉 X100F
    紅葉2
    RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/11, 1/60 sec, ISO1600)
    渋谷区の公園の紅葉 GR

     

  • 屋外、夜間スナップ

    蔦屋書店
    FUJIFILM X100F (23mmF2, 23mm, f/8, 1/25 sec, ISO3200)
    蔦屋書店と木 X100F
    蔦屋書店2
    RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/11, 1/60 sec, ISO2000)
    蔦屋書店と木 GR
    メゾンキツネ
    FUJIFILM X100F (23mmF2, 23mm, f/4, 1/20 sec, ISO3200)
    MAISON KITSUNE X100F
    メゾンキツネ2
    RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR (GR LENS, 18.3mm, f/11, 1/20 sec, ISO3200)
    MAISON KITSUNE GR

    …比較がわかりにくいって?
    そうだね、わかりにくいうえに同じような条件で撮影しすぎたかも。
    もっとマクロとか風景とかも比較したいけど、画像がないからしょうがない。
    まったく申し訳ない。

評価(星取表)

ここまでいろいろと評価してきたので、ここで独断と偏見で採点を。

  • かっこよさ
    • X100F ★★★★★
    • GR       ★★★★★
      どっちも大好きなので。
  • 持ち出しやすさ
    • X100F ★★★
    • GR       ★★★★★
      圧倒的にGR。X100Fも画質と機能の割には小さいほう。
  • 使いやすさ
    • X100F ★★★★★
    • GR       ★★★★
      マニュアルフォーカスがしやすいX100F。GRも右手一本で操作できる秀逸な操作性。
  • エフェクト効果のよさ
    • X100F ★★★★★
    • GR       ★★★★
      ACROSはやはり最強。
  • 画質(色・コントラスト)のよさ
    • X100F ★★★★★
    • GR       ★★★★
      世代が違うので不公平かも。X-TRANS CMOSはやはりすごい(と思う)

結果発表

X100F 23点 vs GR  22点
X100Fの勝ちー。(ただし愛着はGRの方がある将来性は圧倒的にX100シリーズ。)
 

共存

最後に「この2台のカメラは両立できるのか」について。
…結論から言えば「両方持ってる必要はない」。
 
高級単焦点コンパクトカメラ」自体がニッチなカテゴリーなのに、焦点距離もわりと近いこの2台を併用する必要性はない。
 
しかもX100Fにはオプションで「ワイドコンバージョンレンズ」があり、これを装着すると35mm判換算28mm。
GRと同じ画角になる。
つまりX100Fが1台あればいい、ということになる。
 
同じくGRも「35mmクロップモード」を搭載しており、X100Fも持ってないと撮れない写真というのは基本的にはない
 
…じゃあなんでおまえは2台持ってるんだよ、となるわけだけど、これはしょうがない。
カメラを「必要性」で買っていないから、としか言いようがない。
 
いや、ほんとはGRは売ろうと思ってたんだよ。
X100Fを買ったときに「2台あっても仕方がない」って思ったんだけど、売れなかった
 
愛着があったから。
 
そんなに愛情を感じられるものに出会えることって人生でもそうそうないもんだ。
 
だからしかたがない。
GRⅢが出るまでは現役で使い倒す予定だ。(出るよね?)
 
もちろんX100Fもこれからできるだけ長く使いたい。
いい感じにエイジングしていきたいと思っている。
 

結論

つまり今回の記事は
 
「一般的なカメラマンにはまったく参考にならないのでマネしないように」
 
…以上、3回にわたって書いてきた比較レビューは終了。
 
 
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
created by Rinker
富士フイルム
¥158,339 (2020/10/01 14:44:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リコー
¥95,470 (2020/10/01 20:19:11時点 Amazon調べ-詳細)

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください