【富士フイルム】フジノンレンズXF18-55mmF2.8-4 R LM OISレビュー

アップ
3回目の出会い。
この記事の概要

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

また買ってしまった。
実はこのレンズを買ったのはこれで3回目だ。
…一体何をやっているのか。呪いなのか。

今回はそんな「呪いのレンズ」のレビューをお送りする。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISというレンズ

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS は、Xシリーズ初のズームレンズ。
発売は2012年11月、およそ7年前のレンズだ。…もうそんなに経つのか。

スペック

スペックは以下のとおり。
比較されることの多い大三元ズームレンズ「XF16-55mmF2.8 R LM WR」のスペックも併せて表記する。
(新発売のXF16-80mmF4 R OIS WRも比較対象なのだが、持ってないし使ったことがないので今回は比較対象外とする。)

型番 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS XF16-55mmF2.8 R LM WR
発売日 2012年11月17日 2015年2月26日
レンズ構成 10群14枚
(非球面レンズ3枚、異常分散レンズ1枚)
12群17枚
(非球面レンズ3枚、異常分散レンズ3枚)
焦点距離 f=18 – 55mm(35mm判換算:27 – 84mm相当) f=16 – 55mm(35mm判換算:24 – 84mm相当)
最大口径比(開放絞り) F2.8 – F4.0 F2.8
最小絞り F22 F22
撮影距離範囲 標準:0.6m – ∞(ズーム全域)
マクロ:30cm – 10m(広角)/40cm – 10m(望遠)
標準:0.6m – ∞(ズーム全域)
マクロ:30cm – 10m(広角)、40cm – 10m(望遠)
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
Ø65.0mm×70.4mm(ワイド端)/97.9mm(テレ端)
(先端よりマウント基準面まで)
Ø83.3mm×106.0mm(ワイド端) / 129.5mm(テレ端)
(先端よりマウント基準面まで)
手ブレ補正 あり(3.5段分) なし
防塵防滴 なし あり
質量 310g(レンズキャップ・フード含まず) 655g(レンズキャップ・フード含まず)
フィルターサイズ Ø58mm Ø77mm

小さく軽く、フィルター径も小さい。
APS-Cセンサーを採用するXシリーズを体現するような、携帯性と性能を兼ね備えたズームレンズだ。
防塵防滴性能はないが、手ブレ補正が付いているのはありがたい。

外観

レンズ単体
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

しっかりとした作り。
レンズ外部鏡筒や外装部分には、すべてに金属パーツを採用」しているとのことで、なるほど剛性も高くてずっしりとした頼もしい質感だ。
「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」新発売時のニュースリリース記事より)

ズーム
そこまで劇的には伸びないよ

インナーズームではないので、これくらい鏡筒が伸びる(27.5mm長くなる)。
ちなみに同じく鏡筒が伸びるタイプのXF16-80mmF4 R OIS WRはテレ端で42.6mm長くなるので、それよりは伸びる量は少ない。
(テレ端の焦点距離が違うので純粋に比較できないけど、XF16-80mmF4 R OIS WRは少し伸びすぎだと感じた…)

フード
花形のレンズフード。「14 / 18-55」の表記あり。

花形のレンズフードが付属。
表記の通り、これは広角単焦点レンズ「XF14mmF2.8 R」と共用だ。

そんなに大きくはないので、装着してもそんなに大袈裟にならない。

フード付き
レンズフードを付けると、こんな感じ。

XF16-55mmF2.8 R LM WRとの比較

大三元ズームレンズ「XF16-55mmF2.8 R LM WR」との比較をしてみよう。
写りの比較についてはまたの機会に取り上げるとして、今回は主に大きさ・重さの比較

大きさ

2本のレンズを並べると、こんな感じ。

比較1
左がXF18-55mmF2.8-4 R LM OISだよ

大きさの圧倒的な差がお分かりいただけるだろうか。
一回りどころか、二回りくらい差がある。

結果的に、XF16-55mmF2.8 R LM WRはこの大きさのせいでX-Pro2と合わせたときのバランスが非常に悪い(個人の感想)。
さらに手ブレ補正が非搭載なこともあって、自分はX-Pro2にXF16-55mmF2.8 R LM WRを合わせて使いたいとは思えない。

比較2
鏡筒を伸ばすとこんな感じ。

伸び幅は、なんとXF16-55mmF2.8 R LM WRの方が小さい(23.5mm)。
これは素直にすごいと思う。
元がでかいレンズなので、結局でかいことに変わりはないけど。

重さ

重さもだいぶ違う

その差、345g
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISが310gなので、2倍以上の差だ。

そのためXF16-55mmF2.8 R LM WRはX-H1以外のカメラだとかなりフロントヘビーになり、バランスが悪い。

そして当たり前だが、カバンに入れていても重い。すごく重い。
その結果、長時間の撮影時にはリュックで持ち運んでいても、最終的に肩とか腰へ大きなダメージがくる
…もう歳かなぁ…。

明るさ

XF16-55mmF2.8 R LM WRは「大三元」
なので開放F値はF2.8通しだ。
ズーム全域で絞りをF2.8に設定できるので、被写体を浮き上がらせるような立体的な描写ができる。
また、暗い室内でもシャッタースピードを速くすることができるという利点がある。

対して、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISは開放F値が変動する
広角端ではF2.8まで開けるが、望遠端ではF4までしか開けない。

とはいえ、F4というのもズームレンズとしては明るい部類に入るものだし、明るさだけなら開放F値がF4固定のいわゆる「小三元」よりもスペックが高いのはすごい。
これがレンズキットに付属する「キットレンズ」とは…。

機能

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISには手ブレ補正が付いている。
3.5段分という、昨今ではあまり高い性能ではないものだけど、付いているだけでかなりありがたい。
ボディ内手ブレ補正がないX-Pro2で使用する場合には重宝する。

ただ、XF16-55mmF2.8 R LM WRにはある「防塵防滴」機能はない
これについてはもちろんあるに越したことのない機能だけど、自分自身が防塵防滴ではないので、雨が降ったら傘をさしながら写真を撮るし、砂埃が酷いところではカメラを構えないので、そこまで重要な機能ではない…多分。

作例

以前持っていたときの写真も含めた作例を少し。
さっきも書いたけど、XF16-55mmF2.8 R LM WRとの比較はまた後日。

特に解説は載せないけど、「これくらいの写真は難なく撮れる」ということで一つお願いいたしたい。
…決して面倒なわけではない。

作例は、フィルムシミュレーション「クラシッククローム」多め。

ガンダム
X-T10との組み合わせで撮影。(モノクロ)
鈴鹿
鈴鹿サーキットのガレージ。(PROVIA)
X-T2
X-T2の物撮り。(ACROS)
どら焼き
会津の「どらや」のどら焼き。(PROVIA)
東京ミッドタウン
東京ミッドタウン。(ACROS)

ここまで、以前所有していたときの写真。

国際子ども図書館
国際子ども図書館。(ACROS)

これは去年、XF90mmF2 R LM WRと一緒にレンタルしたときの写真。

そしてこの下から、今回購入したレンズで撮影した写真だ。

神田駅
神田駅の孔雀(クラシッククローム)
ガンダムベース
ガンダムベース(クラシッククローム)
切り株
切り株(クラシッククローム)
倉庫群
倉庫群と光。(クラシッククローム)
工事現場
工事現場の足場(クラシッククローム)
東京湾
東京湾の夕暮れ。(クラシッククローム)
赤コンテナと影
赤コンテナに映る影。(クラシッククローム)
工事現場と夕日
工事現場と夕日。(クラシッククローム)
海と夕暮れ
海と夕暮れ(クラシッククローム)
ユニコーン
ユニコーンガンダム(クラシッククローム)
クレーン
クレーンと夕暮れ(クラシッククローム)

 

まとめ

手離しても手離しても戻ってくるレンズ。
やはりこれは呪いのアイテム
逃れられない…。

Xシリーズの場合、画質を極めたいなら豊富な単焦点レンズがある。
ズームレンズの役割を「利便性」とすると、このレンズは最適解だ。
しかも画質もなかなかいい。

また手離してもどうせ戻ってくるので、もう手離さないようにしよう。

 

created by Rinker
富士フイルム
¥58,689 (2020/07/08 03:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください