【富士フイルム】中望遠レンズ「XF60mmF2.4 R Macro」は自分にとって必要か?新宿スナップで検証する。

コクーンタワー③
コクーンタワードーム

XF60mmF2.4 R Macro。
描写性能や色乗りに優れた素晴らしいレンズだが、狭い画角(フルサイズ換算90mm)やAFの遅さから、ブツ撮り以外ではあまり使用していなかった。

機材整理でまっさきに放出候補となったこのレンズ、手放しても問題ないだろうか。

今回は本来用途であるブツ撮りではなく、私がよく行う「街中スナップ撮影」に使用して検証してみた。

XF60mmF2.4 R Macro
XF60mmF2.4 R Macro

XF60mmF2.4 R Macroってこんなレンズ

基本情報

XF60mmF2.4 R Macroは、XFレンズの中でも最古参のレンズ。
Xシリーズ初のレンズ交換式カメラ「X-Pro1」と同日、2012年2月12日に発売された。
発売からかれこれ7年以上が経過している。

詳しい情報はこちらの公式ページをどうぞ。
フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro | 富士フイルム

特徴

中望遠レンズでF2.4まで絞りを開くことができるので、背景をボカした撮影が得意。
遠近感がある立体的な描写は趣深い。

また、基本的な描写性能が非常に高いことも特徴の一つ。
数あるXFレンズの中でもトップレベルの描写をする。
7年前のレンズとは思えない性能の高さだ。

なお、弱点としては

  • AF性能の低さ
  • AF精度の低さ

などがあるが、スポーツや人物を撮らないのであればあんまり関係ないかもしれない。

作例 〜新宿スナップ〜

ここからは街中スナップの作例を何点か紹介する。

中望遠なので必然的に「切り取る」構図になる。
これが新鮮でなかなか良かった。

コクーンタワー①
コクーンタワーと雲
コクーンタワー②
コクーンタワーと反射

コクーンタワーの複雑な幾何学模様がしっかりと描写されている。
太陽を受けて輝くガラスもよく表現できていると思う。

コクーンタワー③
コクーンタワードーム

中望遠では必然的に全体像を収められないので、部分的な切り取り描写になる。
これがなかなか新鮮だった。必ずしも全体像を納める必要はない。

ヨドバシ1
ヨドバシカメラマルチメディア新宿西口
ガシャポン
ガシャポン
自転車
放置自転車

近くのオブジェクトにピントを合わせて絞りを開けば、背景がしっかりとボケる。
写真に立体感が出るので、急に写真が上手くなった気になれる。

…放置自転車ダメ、絶対。

NTTドコモ代々木ビル
NTTドコモ代々木ビル

近景と背景がしっかりと分離される。
描写性能の高さの恩恵だと思う。

それにしても、縦構図ももっと工夫が必要か。

まとめ 〜このレンズは必要か?〜

というわけで、XF60mmF2.4 R Macroでのスナップ撮影だった。

さて、このレンズの評価は難しい。

  • 最も多用している「XF16-55mmF2.8 R LM WR」の望遠端より少し長い焦点距離。
  • コンパクト(レンズフードを除く)で、軽量。
  • ハーフマクロが使える(等倍マクロは使えない)。
  • 優れた描写能力。

フォーカスに関して目を瞑れば総合力が非常に高い。
動くものを撮らない私には特に欠点がないレンズ、ということになる。

ただし、使用頻度はそこまで高くない。

とりあえず残すか

 

 

created by Rinker
富士フイルム
¥69,500 (2020/08/09 19:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください