M MONOCHROM(Typ246) で撮影するサロマ湖と空

 

前回、サロマ湖へ行ってきたという記事を書いた。

その際、実はM MONOCHROM(Typ246) も持って行っていたので、こちらのカメラでも写真を撮ってみた。…以前、このカメラでは2度と風景写真を撮らないと言ったな。あれは嘘だ

今回は、M MONOCHROM(Typ246)で撮影した、サロマ湖の風景をご紹介してみたい。

mm1
SONY ILCE-7RM3 (105mm F2.8 DG DN MACRO | Art, 105mm, f/8, 1/2 sec, ISO100)
M MONOCHROM(Typ246)

 

M MONOCHROM(Typ246) で撮影した写真

 

01
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/16, 1/4000 sec, ISO2000)
パーキングエリアからのサロマ湖

 

撮影に使用したレンズは、「LEICA SUMMICRON-M 1:2/50mm」と「LEICA ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.」。

特にLEICA ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.は、今回の撮影と相性が良かったと感じた。
空を大きく撮影できるので、サロマ湖や北海道の雄大さが表現できたように思う。

 

02
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/16, 1/750 sec, ISO2000)
湖面

 

03
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/16, 1/500 sec, ISO2000)
月と空

 

04
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/16, 1/500 sec, ISO2000)
パーキングエリア

 

それにしても、レンジファインダーで遠景にピントを合わせるのは至難の業だ。っていうか無理だ。

なので、通常はレンズのピントリングを無限遠に合わせるとかで撮影するらしいんだけど、デジタルカメラの無限遠とフィルムカメラの無限遠は少し違うらしいとの話を、SUMMICRON-M 1:2/35mmを買ったカメラ屋で聞いていたこともあり、距離指標は信じずに結局はビューファインダーに頼ることになった。

 

06
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (Elmarit-M 1:2.8/28 ASPH., 28mm, f/16, 1/750 sec, ISO320)
湖と空

 

07
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (Elmarit-M 1:2.8/28 ASPH., 28mm, f/11, 1/3000 sec, ISO2000)
湖面2

 

このカメラが表現するグラデーションは、繊細で奥深い…と感じる。
感覚的なところなので、プラシーボかもしれないけど。

空・雲・波を撮影しているときに、そういう気配を感じるのだ。オーラというか。

実際のところはどうなんだろう?
本当にこのカメラは「優れたモノクロ画像」を撮影できているのか?

今度、M-P(Typ240) のモノクロモードとM MONOCHROM(Typ246) で画像比較するのも面白いかもしれない。
…レンズの差とかあって結構大変だけど。

 

08
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (Elmarit-M 1:2.8/28 ASPH., 28mm, f/13, 1/3000 sec, ISO2000)
空と夕暮れ

 

09
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (Elmarit-M 1:2.8/28 ASPH., 28mm, f/8, 1/500 sec, ISO400)

 

まとめ

M MONOCHROM(Typ246) で撮影する楽しさ

結局、湖よりも空を撮影していた。

ただ空を撮影するだけでも楽しいと感じる、M MONOCHROM(Typ246) はそんなカメラだ。

緻密なモノクロで描かれた写真は、それだけで感動する。
自分が撮った写真が、なんかいい感じに思えたりする。

このカメラで、何か特別な写真が撮りたい!…と思うけど、残念なことにアイデアがない。
だから今は、身の回りで起こる出来事や事象を、このカメラで記録していくことに集中していきたい。

これからもこのカメラだけではなく、他のカメラも使っていくし、カラー写真も撮る。

だけど、「モノクロしか撮れない」M MONOCHROM(Typ246) は、これからも私の中で「特別なカメラ」であり続ける。

そんな気がする。

 

追伸

今はまた、東京の街中をこのカメラで撮影する日が来ることを夢見ている。

歩いたことのない街、特に海外の街並みを撮影するのは夢だけど、これは早期に実現しない可能性が高いし、英語喋れないし、流石に夢見すぎかもしれない。

語学って大事だよね…。