【過去ログ写真館】D600と室蘭

こんばんは。

今回は前回のD810の記事からさらに遡ってみようと思う。

2012年10月。

噂の小型フルサイズカメラ「NIKON D600」を手に入れた。

RICOH GR DIGITAL 3 (GR LENS, 6mm, f/2.2, 1/10 sec, ISO0)

オリンパスPEN E-P3からの買い替えだった。

デジタル一眼レフは初めてで、とても興奮したのを覚えている。

このカメラについて 〜NIKON D600〜

D600は、2014年にニコンが満を持して発売した、小型エントリークラスのフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフだ。(2017/12現在、後継機の「D610」が発売中。)

D610 製品ページ

その最大の特徴は、フルサイズセンサー搭載ながらコンパクトなボディ

そして一般の写真趣味の人たちでもなんとか手が出そうな価格

これらの魅力につられて、ぼくもまんまと手に入れてしまった。

…オリンパスPENを犠牲にして。

NIKON D600 (AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 50mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO0)

同時に「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」という、非常に評判のいい単焦点レンズも買った。

見ての通り、ボケの美しい、いいレンズだった。(写真に写ってるレンズじゃないよ)

しかも小型・軽量・安価。最高だ。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 製品ページ

このレンズはその後「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」とかいう「超高級クセ玉単焦点レンズ」の下取りに出されることになるんだけど、正直、このレンズのままでもよかったのに、と今でも思う。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 製品ページ

室蘭市について

NIKON D600 (AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 50mm, f/5.6, 1/1250 sec, ISO0)

ところで、この時期、ぼくは北海道室蘭市ってところに住んでいた。

函館市から赴任してきて、住んでた当時は「なんだこの街、なんもねぇな」と思っていた。

でも今思えば、函館や、東京でもお目にかかれないような、なかなか面白い被写体が多いところだった。

ちなみに、上の写真は地球岬だ。

NIKON D600 (AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 50mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO0)

ここは白老町の「ポロト湖」。朝日がキレイで感動した。

思えばこの頃は撮影のために早起きするのも苦にならなかった。

たしか午前2時ごろに起きて、2時間くらい車飛ばして行ったっけ…

まとめ

NIKON D600 (AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 50mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO0)

貝塚もあった。

そんなわけで、ぼくはどうしても「そこにないもの」に注目して見てしまうクセがあるようなので、注意したいと思った。

室蘭には室蘭の、東京には東京のいいところがある

そこに注目してやっていければ、どこでも幸せにやれるはず。

 

そう、富士フイルムにはSONYにはない、いいところがある!

だからα7RⅢなんて買わなくてもぼくはじゅうぶん幸せだ!

 

 

いやほんと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください