【LEICA】M MONOCHROM(Typ246)で撮影する北海道(12月)

今年ももう1ヶ月を切ってしまった。なんというか、コロナコロナ言ってるだけの1年だった。

今年は撮影に行くのにいちいち気を遣わなければならなかったり、そもそも家から出ること自体が「わるいこと」のようになってしまっており、カメラ好き、写真好きには厳しい年だったと思う。

私個人的には、東京から札幌へ生活の拠点が移ったことで、大好きだった街撮りの規模が大幅縮小。圧倒的に被写体が減るというハンデを背負ってしまった。
夏には無理やりポジティブシンキングを意識して、「LEICAで北海道の自然を撮ろう!」と意気込んだりもしたが、結局コロナコロナの大合唱…。マイカーもないし、大自然の撮影はいろいろと準備も煩雑で、結局やる気がなくなってしまった。結果、オールマイティに撮影できるカメラ・レンズを新調するというご乱心英断をすることになった…。

というわけで、LEICA M MONOCHROM(Typ246) での今年の写真は、ほとんど札幌市の写真ばかりになってしまった。しょうがない。

北海道の写真、と言いつつ今月も札幌の写真だ。

機材

SONY ILCE-7RM3 (105mm F2.8 DG DN MACRO | Art, 105mm, f/11, 1/20 sec, ISO6400)
LEICA M MONOCHROM(Typ246) ×SUMMICRON-M f2/50mm (3rd)

LEICA M MONOCHROM(Typ246)

先日α7R Ⅲを購入したことで、M MONOCHROMはストリートスナップ用途に限定して使用することができそうだ。
街を撮るために生まれてきた(と個人的には思っている)カメラなので、今後は本領を発揮してほしい。…願わくば死ぬまでにこのカメラで東京をまた撮りたい。

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm (3rd)

M MONOCHROM用のレンズは28mmと50mmの2本を所有しているが、最近は標準レンズであるSUMMICRON-M f2/50mm (3rd) を使う頻度が高くなってきた。
ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.も大好きなレンズなのは変わらないんだけど、最近は50mmの画角がしっくりくることが多い。
加齢とともに視野が狭くなっているのかもしれない。…考えたくはないが。

写真

北海道庁赤レンガ庁舎

赤レンガ
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/5.6, 1/4000 sec, ISO500)
北海道庁赤レンガ庁舎

最近、撮影しはじめにここに来るのが定番になってきた。最近赤レンガ庁舎はなんか改装中のようで、中に入れなかった。
なんか雲が印象的な日だった。

赤レンガ庁舎の入り口付近
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/4.8, 1/2000 sec, ISO500)
赤レンガ庁舎の入り口付近

この季節にしては珍しく、雪が積もっていない。まあ、時間の問題で積もり始めると思うけど。

横断歩道
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/3.4, 1/4000 sec, ISO500)
横断歩道

赤レンガ庁舎前の横断歩道。レンガ張りなのがお気に入り。

日本生命札幌ビル

日生ビルは札幌市内でも一二を争う大好きなビル。ところどころセンスが光る建築物だと思う。

日生ビル1
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/2.4, 1/350 sec, ISO500)
1階廊下

1F廊下。床がライティングされているのがいい。遠近感を強調してみた。

3階から
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/3.4, 1/250 sec, ISO500)
3階から2階を見下ろす

晴れの日はこんな感じで、柱の影がいい雰囲気だ。少し優しい影が素晴らしい。

日生ビル外観
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/6.8, 1/4000 sec, ISO500)
ビル外観

この日はやっぱり雲が面白かった。

入口
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/3.4, 1/3000 sec, ISO500)
入口の窓に反射する街

リフレクション。ただそれだけ。

札幌駅

この日はヨドバシカメラマルチメディア札幌に用事があった(SwitchのSDカード買いに来た)ので、ラストは札幌駅付近。

JRタワー
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/4.8, 1/3000 sec, ISO500)
JRタワー

札幌駅のシンボル、JRタワー。
やっぱり雲がいい。

アピアドーム
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/5.6, 1/3000 sec, ISO500)
アピアドーム

アピアドームを正面から。左右のコントラストがいい感じ。

アピアドーム横
Leica Camera AG LEICA M MONOCHROM (Typ 246) (SUMMICRON-M f2/50mm (3rd), 50mm, f/5.6, 1/1500 sec, ISO500)
アピアドームを横から

横から見るとこんな感じ。寒いのでそろそろ行こう。

まとめ

2021年はどんな1年になるだろうか。

願わくば、素晴らしい景色に出会えますように。そして、その景色を自分らしく撮影できますように。

 

…さて、冬の始まりだ。

冬SONY ILCE-7RM3 (24-70mm F2.8 DG DN | Art, 70mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください