【GR】沖縄とGRとポジフィルム調

先日、仕事の都合で沖縄に行ってきた。

仕事の合間なのであまり写真は撮れないし、そもそも大きなカメラは持っていけない。

こういうときは「RICOH GR」の出番だ。コンパクトなサイズに、沈動式のレンズ。剛性の高いマグネシウム製のボディ。カバンの中に無造作に放り込んでもいいし、ズボンの尻ポケットに入れておいてもいい。(忘れて座っちゃっても壊れない。)しかもAPS-Cのセンサーで、高精細で高画質。…もしかしてGR最高じゃない?

(2020/7/12追記)現行機種は「RICOH GR Ⅲ」。ほしい。

created by Rinker
リコー
¥96,000 (2020/08/11 14:10:07時点 Amazon調べ-詳細)

今回、GRのエフェクトを「ポジフィルム調」に統一してみた。

ちなみに「ポジフィルム調」とは「ポジフィルムで撮ったような高コントラストで鮮やかな色の写真が撮れるモード」だ。…ポジフィルムで撮影したことがないので微妙にわからないが、まあ、今回の記事の画像みたいなやつだ、と思ってもらっていい。青がものすごく青いでしょ?

出張2日目、早起きをして散歩してみた。ホテルから海を目指して歩いて、たどり着いたのがこの公園。

沖縄っぽいか、と言われると微妙かもしれないが、本当にいい天気。空は青かった。

 

「ポジフィルム調」のエフェクトは、青空とか、海とかと相性がいいし、暗いところを容赦なく潰してくれるので、シルエットを作りやすい。

いいタイミングでおっさんが歩いてきてくれたカット。沖縄っぽいか、と言われたら微妙かもしれないが、個人的にはお気に入りの写真が撮れた。

こんどは、仕事とは関係なく行きたい。沖縄ってもっと楽しいところ、たくさんあると思うんだよね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください