【撮影散歩】お台場とガンダムとホラー

今日もお疲れ様です。

先週末、思い立ってお台場に行ってきた。目的は「ガンダムベース東京」だ。

ガンダムベース東京とは

ガンダムベース東京とは、ダイバーシティ6階にある、閉鎖した「ガンダムフロント東京」の跡地にできた施設だ。

以下、公式サイトの引用。

「THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)」は、全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設です。
施設内は、買って、作って、見て、学んで楽しめる4つのゾーンで構成され、子供から大人までガンプラを存分に楽しみ尽くせます。

つまり、ガンプラファンの聖地である。

公式サイトはこちら

ぼくのガンプラ歴

今まで黙っていたが、ぼくは重度のガンダムファンだ。

ガンプラ歴も結構長い。
初めてガンプラを作ったのは小学5年生の時。ちょうど劇場版「逆襲のシャア」がやっていたころで、初めて作ったのは確か「ジェガン」とかだったような気がする。

ちなみにその後、中学生の時にプラモデルにどハマりしたが、その時作っていたのはガンプラじゃなくてスケールモデル(F1マシン)だった。

で、その後高校に入ってからはしばらくプラモからは離れていた(いろいろカッコつけたい年頃だったので…)んだけど、大学生になって暇をもて余したことでプラモ熱が再燃。
作りやすいガンプラに手を出して、社会人になってからはまとめて何体も作ったり、忙しくなってやめたりを繰り返して今に至る。

最近は忙しくて全然作れてない。ZZ Ver.Ka、作りたいんだけど…

それはともかく、お台場へ

立川から1時間くらい。なかなか遠い。

そういえば去年行った時は、まだファーストガンダムの立像が建っていたし、ガンダムフロントだったなぁ…

※注 過去の写真です。

月日が流れるのは早い。

新しいガンダム立像

ユニコーンガンダム。

 

 

以前のガンダム立像は知名度の高いファーストガンダムだったのでインパクトがあったが、ユニコーンはどうなんだろう。
正直、ガンダムに詳しくない人が見たら「なんだこれ」になる気がする。
なかなか思い切ったことをする。

ぼくは好きだが。

ガンダムベースへ

ひととおり立像を撮影したので屋内へ。

「ガンダムベース東京」は以前の「ガンダムフロント東京」と違って入場無料。
以前のようなテーマパークではなく、ガンプラ製作スペースや塗装ブースを完備した、「ガンプラに特化した施設」に生まれ変わっていた。

著名人が企画したガンプラ。

歴代ガンプラの展示。

限定プラモの販売ブース。

限定プラモ。これはポイントで交換しないと手に入らない限定品のようだ。

「ガンプラができるまで」を説明した展示。

デザインが秀逸。
これは「いろプラ」の原材料の説明展示。

ガンプラビルダー選手権の優秀作品の展示。…虫?

メイジン・カワグチの作品展示もあった。

それにしても

ガンプラを作ったことがない人からしたら「なんだこれ」である。
なんとも尖った施設だ。

ぼくは以前のガンダムフロント東京よりもこっちの方がだんぜん好きだが。

ガンダムベース東京のまとめ

控えめに言って最高だった。

今回は特に目的(プラモを買うとか、塗装するとか)があって来たわけじゃなかったので不完全燃焼だったが、今度はもっと準備して行こう。

 

…ちょっと遠いが。

 

おまけ

近くにフジテレビがあったので、ついでに寄ってみた。

 

…軽くホラーだった。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,374 (2020/09/18 10:31:51時点 Amazon調べ-詳細)

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください